5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★ビートルズの小説★

1 :ホワイトアルバムさん:03/04/17 22:07 ID:5kJQ3TJE
「ああんっ、そんなとこいじくっちゃだめよ。
ジョージいい子だからね・・・」
僕は憧れの女教師の言葉でいっそうアソコを硬くさせ、
ジョン先輩が横でニヤニヤ見ているのにも構わず
さっそうとファスナーをわずかながら
開き始めた・・・。大人の物語が音を立てて始まった気がする。

(続く)

2 :ホワイトアルバムさん:03/04/17 22:18 ID:???
俺と賭けをしないか?

誰かが3以降に書き込みをしたら俺の勝ち。
誰も書き込まなかったら俺の負け。

どうだ、勿論やるよな?

3 :ホワイトアルバムさん:03/04/18 11:20 ID:mNXXMnAB
age

4 :イチロウ:03/04/18 12:12 ID:EJoIyVe9
 都心から少し離れた老朽化したアパートメント。その狭く薄暗いアパートメントの一室から、若者達が
甘い吐息と嬌声を漏らしていた。

 「はぁ〜うぅ・・・レイラぁ!もっと動いて!・・・な?もっと、お尻・・・俺のにぶつけてくれよ!・・・頼む」
 「んん・・・駄目、ジョージ・・・駄目ぇ〜動けない、だってエリックのが口から零れちゃうよぉ・・・んん」
 「ああぁ・・・ぁ・・・いいんだ、レイラ・・・動いてあげて・・・ね、ジョージを・・・悦ばせてあげてぇ・・・」

 同世代の若者三人が3Pセックスに興じていた。一人の女レイラに、二人の男が繋がっているのだ。

 ドッグスタイルで攻め立てている男はジョージと名乗り、ある人気バンドのリードギタリストであり、
四つ這いのレイラの眼前で跪き、吸茎されている男エリックは、別のロックバンドの中心人物である。
 そして、それぞれのペニスを二つの穴で受けとめているレイラ自身は、彼らの様なロックバンドを専門に
追いかけるグルーピーであった。

 「あん、あぁ・・・わかったわ、ジョージ・・・ほらぁ、お尻・・・当ててあげるぅ・・・こう?・・・だからイッテぇ」
そう言いながらレイラは腰に力を入れて激しく動き始める。若い柔軟性のある肌と肌がぶつかりあって、
パンッパンッと張りのある大きな音をたてた。 ジョージはすぐに自分の限界を感じ、その事を告げる。

 「おぅ!おぅ!おおぉ〜・・・イクぅ!あっ!デ・出るぞぉ〜・・・エリック見てろ!俺のイキ様をぉ!くぅっ!」
 「あっ!あぁ〜あん!あ!・・・ジョージ・・・外よっ!・・・ね?妊娠しちゃうから・・・お尻に・・・浴びせてぇ」
 「うお!うぉ〜!レイラぁ〜・・・愛してるぞ!お前のこと・・・お前等のこと・・・あぅ!ジーザス・・・うおぉ!」

 ジョージは慌てて腰を引き、熱い蜜壷からペニスを抜き去った。それと同時に射精液が勢いよく噴出し、
レイラの尻タブに規則正しいリズムで生命の音符をちりばめる。大きく幾度も跳ねるそのペニスは、まるで
捕らわれたモビーディックが渾身の力でのたうつ様に似ている。彼は、的が外れないよう自身の勃起の根を
しっかりと支えながら、神の声を聞いたような恍惚の表情を見せていた。

5 :ホワイトアルバムさん:03/04/18 13:16 ID:???
レイラとは恥ずかし過ぎるな・・・

6 :ホワイトアルバムさん:03/04/18 14:00 ID:qaMWQbXG
保全

7 :山崎渉:03/04/20 02:44 ID:???
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

8 :山崎渉:03/04/20 02:46 ID:???
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

9 :山崎渉:03/04/20 06:52 ID:???
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

10 :イチロウ:03/04/21 11:48 ID:4dpI8Sh5
>>4
 「あっ!熱い・・・ジョージ、きみの熱いよぉ・・・ああぁ・・・嫌ぁ!エリック見ないでぇ・・・いやっ、いやぁ!」
感極まったレイラが乱れる。そして、その様を潤んだ眼で見詰ていたエリックが口走る 「すごい・・・くそぉ・・・」

 「はぁはぁはぁ〜・・・うぅ・・・スゲぇ〜良かった・・・レイラ、お前の穴は最高だよぉ、な?次はエリックの番だぞ」
ジョージは息も絶え絶えにそう言いながら部屋の隅にあるスチールパイプのベッドにごろりと寝転び、
そして、この後の成り行きに目を見張っている。
 「レイラ・・・いい?俺もシテいい?・・・あの・・・レイラ・・・俺、オ−ソドックスがいい・・・駄目かな?」
 「いいよぉ・・・シテぇ〜・・・エリックの好きな格好でぇ・・・あの・・・ねぇ・・・これでいいのかな?」
フローリングの上で仰向けになり、レイラはM字型に開脚をしてみせる。生殖器も排泄器官も全てを曝して。

 「レ、レイラ・・・お、俺・・・きみのことが好きだよ・・・ね?だからするね?・・・大好きだよ、本当だよ」
まるで見せ付けるかのように曝されたレイラの女の証を見て、エリックのペニスは猛り狂った。その色白で
女性的な風貌からは考えも付かないグロテスクな肉塊である。先端の粘膜は赤黒く腫れ上がり、茎の表面には
血管や筋が浮き出て時折ピクピクと動いている。彼はその怒張を女の敏感な粘膜に宛がい、そして力を込めた。

 「あ!あ゛あ゛ああぁ〜!・・・レイラ!レイラ!・・・好きだった!ずっと、ずっとおまえの事が・・・愛してるぅ」
 「あっ、あっ!・・・来る!来るぅ〜・・・いいよぉ〜エリックのエリックの・・・おぅっおうっ・・・あおぉ・・・」
二人の生殖器官は至極自然に結合した。まるでこうなることが定めのごとく、ある意味美しさも湛えていた。

 「レイラ!・・・いい!おぅ〜・・・ぁあ・・・お、おっぱいにキスするね・・・ん、あぁ、音が出ちまうよっ」
 「いい!・・・私も好き!きみの事が・・・ずっと・・・ね、ジョージいいでしょ?・・・エリックの事が好きなのぉ」
ジョージは二人の熱情の猛りを煙草を吸いながら覚めた目で眺めていた。利き腕の手指でリズムを刻みながら・・・

11 :ホワイトアルバムさん:03/04/22 16:48 ID:UTz/mci2
age

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)