5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

TDA1541 その可能性の中心

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 03:41 ID:BNVeSPuI
0.
このスレッドは、今年5月のウィーン楽友協会大ホールでの体験及び各地での弦楽四重奏、その他室内楽演奏会体験と一つのチープなオーディオ機器の発掘(再会)に端を発しています。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 03:41 ID:BNVeSPuI
1.
現在のオーディオ装置によってもたらされる音響空間は、ソース
収録時のノウハウの蓄積や、アクティブな波形生成・補完技術に
よる、スタティックな(単純動特性を含む)物理測定データの向
上と相まって、一般的に鮮度、解像度、定位、音場、コントラス
トといった言辞が象徴するように極めてシャープなものを志向す
るようになっています。
この言辞のどれもがステレオ装置がもたらすファントム音像に対
する述語として用いられているのであって、実際の音楽演奏空間
にこうした用語は、用いられる事はあってもその目的は異なりま
す。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 03:42 ID:BNVeSPuI
2.
例えば、鮮度感といった感覚語は、殆ど実際の演奏とは無関係な
対立関係(周波数や位相特性の整合関係等々)を念頭にしていま
す。
多数の音楽ファンには周知の事実(経験)だと思いますが、CDで
聴く音楽は、普通、実際よりも細かく一様に聞こえます。
勿論、生がオリジナルで、再生装置はそれに限りなく近づくべき
だとか言うつもりは毛頭ありません。当然オーディオ装置は別の
音響空間を目指すのであってもよいのですから。
そうではなくて、実際の音楽演奏空間が持つ普遍的な音楽のダイ
ナミズムや音の混交を「表現」できるオーディオ装置の資質につ
いて周辺(ここのスレッド)で議論し、そのパラメターや有意な
感覚語をそろそろ(密かに)画定しても良いのではないかと思う
のです。
(この観点から、菅野沖彦氏の造語「音触」は(「ステレオサウ
ンド」2002.142号)、オーディオと実際の演奏との双方に低通す
る音の価値を指示する用語として、やはり有意と思われます。)

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 03:43 ID:BNVeSPuI
3.
帰国後、自宅の最新の装置(といっても皆さんから比べれば大変
粗末な)で聴いたオーケストラ曲はどれも鮮度感に満ち、音場が
広大で楽器のフォーカスがピシッと決まってとても矮小な箱庭の
世界のように感じました。
そこで、思いつきに、かつてはこれで音楽を朗々と楽しめた時期
のCDプレーヤー、SONY CDP-337ESD(TDA1541×2)を押入れの中か
ら引っ張り出し、アンプに接続....そのグラデーション(階調)
の豊富さに感激し、現在のメイン機に昇格させています。
何度も他の機器や組み合わせも試みましたが、このCDPは、スピー
カーを変える以上に、再生音の本質を変えることが分かりました。
今、私にとってこれが自然な音となっています。(なお、このCD
プレーヤーに対するあらゆる批判を理解した上で書いています)

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 03:44 ID:BNVeSPuI
4.
音楽のダイナミズムを表現できるデジタルオーディオの資質につ
いて、視覚用語としての階調を持ち出すのは、別に新しいことで
はないですし、ややもするとナローな機器の唯一の美点として用
いられる感もあり自信がありませんが、こうした要素が意外と本
物ではないかと思ったりします。

専門家の方や、再生音響空間の美学的な追求をされいる方が、い
らっしゃいましたら、是非、オーディオ雑誌やコマーシャリズム
の言語空間の外側から、率直に体験や考えをお聞かせください。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:27 ID:???
どうして0からなの?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 18:59 ID:???
きになる

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)