5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【劣化】最近いい曲少なくない?【ネタ切れ】

1 :名無し行進曲:02/11/14 08:29 ID:aNKkDXnS
あらゆるジャンルで枯渇する吹奏楽作品・・・。
NSB、オリジナル、編曲モノ、そして課題曲に至るまで。
これは作曲家・編曲家の力量不足なのか。
より深刻なネタ切れによる末期的症状なのか。
優れた才能を埋もれさせている構造的欠陥なのか。

2 :名無し行進曲:02/11/14 08:38 ID:x00V16SB
そーですね

3 :名無し行進曲:02/11/14 08:40 ID:2CUXyW+6
懐古主義者

4 :名無し行進曲:02/11/14 09:40 ID:aNKkDXnS
吹奏楽だけじゃなくポピュラー音楽でも同じ現象が
起こってるでしょう。
いずれ「第一組曲のコラボ作品」なんて出てきそうで・・・

5 :名無し行進曲:02/11/14 17:18 ID:aNKkDXnS
>>3
自分が懐古主義なだけならいいのですが・・・。
ここ数年(90年代以後?)発表されている吹奏楽の作品のなかに「プラハのための音楽1968」
「アルメニアンダンス」「吹奏楽のための神話」のように発表後30年以上も演奏され続ける
作品少なくなったように思えるので。

・・・杞憂ならそれに越したことはないですが(汗

現在人気のある天野先生の作品群やアーノルド、ウォルトンの編曲モノもいずれ「メトセラU」
と同じ運命を辿ってしまうのではないかと。

6 :名無し行進曲:02/11/14 17:50 ID:O9sWzVd+
単発質問は質問スレにてお願いします。
削除依頼してください。

7 :名無し行進曲:02/11/14 21:26 ID:aNKkDXnS
>6
ん?単発質問?

8 :名無し行進曲:02/11/15 00:30 ID:2qtZoLhY
単発じゃないだろ。
こんなのも見極められない自治厨は自粛しろよ。

9 :名無し行進曲:02/11/15 00:42 ID:kMc1kD2I
っていうか、>>1が最近の曲をどれだけ知ってるのか聞いてみたいものだな。

10 :名無し行進曲:02/11/15 00:49 ID:2qtZoLhY
たしかに邦人の曲を指してるのか海外の作曲家の曲なのかわからんねぇ。
どっちもってことは無い・・・のかな?

11 :名無し行進曲:02/11/15 01:08 ID:0pQWc/UK
>>1よ。
その思いを語るのに、
>>5の例を出した時点でコン厨と思われるとは考えつかなかったのか?

12 :名無し行進曲:02/11/15 01:33 ID:DEc5neca
大体、水槽作品が枯渇しているってのは、共通の認識なのか?
単に>>1の勉強不足、情報収集不足なんじゃないのか?
俺には、水槽作品が枯渇しているとはとうてい思えないんだが。

13 :名無し行進曲:02/11/15 09:19 ID:uWeYdTz7
>>12
共通の認識かどうかは、このスレが進んで行けば自ずとわかると思いますよ。

あくまでも印象としてですが近年、吹奏楽作品は演奏効果の高さを競う方向へ進み
過ぎていて、スコアがまるで管打楽器の持つ可能性の実験場のように見えます。
そういった作品は発表時にはその過激さゆえに評判になるのかも知れませんが、
飽きられるのもきっと早いでしょう。

「プラハのための音楽」(フサ)はその過激な書法でソビエトからの抑圧感を示し
反戦のメッセージと結びつけたことに作品としての重みがあり、決して楽しくも
美しくもないが演奏され聞かれ続けています。

90年代以降に発表された吹奏楽作品で、今後も末長く演奏されそうなのって酒井格
に代表される「吹奏楽の新・古典主義」しか今のところ無いような・・・。

14 :名無し行進曲:02/11/15 10:22 ID:kMc1kD2I
>>13
プラハを引き合いに出すなら外国も対象にしていいわけだな。

だとすると完全に>>1の勉強不足だという結論に達するわけだが。

15 :名無し行進曲:02/11/15 10:41 ID:Dj00rF1l
ネタに困ったら、昔のブームを使いまわし。
とりあえず来年から「ローマの謝肉祭」ブーム到来!・・・ってことで。

16 :名無し行進曲:02/11/15 10:48 ID:NBVIvJWs
>>5
天野氏、昨年の全国大会後の一般バンド合同打ち上げで「私の曲が
こんなに多く演奏されているのは一時の流行に過ぎません」とスピーチで
きっぱりと言っていたのを思い出した。浮き沈みの激しいポップシーンの
世界にも居る天野氏だから言える言葉だろうが、有る意味では最近の
吹奏楽シーンでもあてはまりそうな気がする。

17 :名無し行進曲:02/11/15 11:11 ID:uWeYdTz7
13です

>>14
当然国内限定ではないと思います。吹奏楽というジャンルを語るのに、邦人
か否かは無意味と思います。

国内で知られていない作品で、隠れた名作あれば教えてほしいです。

>>15
80年代中頃までは、新譜に魅力的な作品が多くて昔のブームを使いまわす
必要を全く感じませんでしたが、最近は・・・。

特に中高生の初級バンド向け作品で顕著ですねー。完全に末期的状況かと。

18 :名無し行進曲:02/11/15 11:41 ID:Vs9I3/nY
>>17
名曲スレはいくつもたってるし、
その中でも新曲を扱うスレもある。
吹奏楽がホントに好きで、その行く末を危惧してるなら、ちゃんとこの板見ていきなよ。

19 :18:02/11/15 12:11 ID:0pQWc/UK
ただNSBにネタ切れの兆候が見られるのは同意。
近年のは取り上げる気にもならない。

20 :名無し行進曲:02/11/15 12:24 ID:8FGpnGUq
>>19
NSBに関しては、NSBがネタ切れというか、
ポップスシーンで水槽向きのいい曲がないことが原因だと思う。
最近のヒップホップのループ中心の曲は、水槽には向かないからなぁ。

俺的には、真島俊夫「ベイ・ブリーズ」、星出尚志「ブラボー・ブラス」
天野正道「コンチェルト・グロッソ」みたいな
オリジナル曲をどんどんリリースして欲しい。

21 :名無し行進曲:02/11/15 13:57 ID:CHLZq+TS
fuki

22 :名無し行進曲:02/11/15 15:30 ID:jkM6Z0Id
ところで、最近の曲で「あと30年後にも演奏されているだろうなあ」
と思わせる曲ってあります?ここの皆さんの意見が聞きたいです。

23 :名無し行進曲:02/11/15 15:55 ID:6flLJxXK
それは30年後になってみなければ分からない。
30年前の時点で、30年後に確実に演奏し続けられる曲を予想できたかい?

個人の嗜好や価値観はどんどん多様化しているわけだし、
水槽の世界に限らず、
あるいは音楽に限らず、文芸一般に敷衍して考えてみても、
将来を予想するのはますます難しいんじゃないかな?

今世界的にブレイクしているハリーポッターシリーズが
30年後も愛読されているかは誰にも判らない。

24 :名無し行進曲:02/11/15 16:52 ID:+uwtlxbf
New Soundsについては、御大が引退してくれれば、アメ・グラ収録曲をニューアレンジで
提供、というリサイクルが可能だと思われる。

>>22
30年経って、「新曲」という付加価値が完全に無くなった時、それでも存在を主張できる
ような個性が有るか無いか、だと思う。「ハリー・ポッター」は今でこそ新作本も次々に
出て、市場の興味を惹いているわけだが、完結後30年もしたら「指輪物語」のような過去
のファンタジーと比較されることになると思われ。その時に、独自性と品質が保持されて
いなければ、「残る」ことは無い。そういうことでしょう。

25 :名無し行進曲:02/11/15 16:56 ID:uWeYdTz7
17です

>>23
おっしゃる通りですね。30年後の未来など誰も予想出来ないでしょう。
実際には5年後でも困難かもしれません。

しかし現時点で「この作品は今後も演奏され続けそうだ」と感じる作品なら
あるんじゃないでしょうか?

個人的な実感として、昔より新譜に魅力がなくなったように感じていますが、
毎年数多く発表されている作品の中にはきっと今後も愛奏・愛聴され続けそうな
ものもあると思います。

30年後に確実に演奏し続けられる曲が予測出来なくても、意見交換すること
には充分に意義があると思いますよ。

26 :名無し行進曲:02/11/15 17:03 ID:I0dCnYB6
作曲者が作品を作るときって「後世に残る名曲を作ろう」と考えて作るもの
なのかなぁ?
今も演奏されている、いわゆる名曲とか定番とか言われる曲だって、いろんな
曲が淘汰されて結果として残ったものだろうし、もしかしたら現在は見向きも
されていないちょっと前の「廃れた」曲も、20年後、30年後には見直され
ブームになっているかもしれない。

流行り廃りって一定周期でやってくるものでしょうから、重要なのは現在の
感性に合わないからといって廃棄してしまうのではなく、細々とでもいいから
いろんな曲を後世に伝えていこうとする姿勢ではないでしょうか?

27 :26:02/11/15 17:10 ID:I0dCnYB6
すいません、一行目の「作品」を「いわゆる名曲といわれる作品」に換えて
読んでください。
あんがい、肩の力を抜いて作った作品が残っているんじゃないかと思って。
「お魚天国」みたいにね。

28 :名無し行進曲:02/11/15 17:20 ID:9iTJhJYG
ということで、「ディスコキッド」がひとつ挙げられる。

ヽ(`Д´)ノ ディスコ!!!

29 :名無し行進曲:02/11/15 17:45 ID:+uwtlxbf
クラシック系の作品を作曲するなら、作品の評価に技術的な完成度が占める
割合が多くなってくるから、やはり、それなりの気負いをもって作曲されな
いと残らないんではないの?

30 :名無し行進曲:02/11/15 17:58 ID:fuIxwG+w
かといって残そうと思って気合い入れて書いた曲が、
皆残るかというとそうでもないところが難しいところで。

31 :名無し行進曲:02/11/15 18:06 ID:+uwtlxbf
もちろん、その通り。
でも、気合いの入ってない曲では、プロフェッショナルである演奏者を
動かすことが出来ないので(→観賞の対象として一般へ普及することが
難しくなる)、アマチュアの間で多少持てはやされても萎んでしまうこ
とが多いと思われ。

32 :名無し行進曲:02/11/15 22:37 ID:uWeYdTz7
25です。

>>26
>細々とでもいいからいろんな曲を後世に伝えていこうとする姿勢ではないでしょうか?

そう思います。最近になってようやく学校のクラブ活動でも、楽譜の違法コピーに対する
認識が改まってきているようですが、新しい作品を開拓するにも古い作品を残すためにも
まず楽譜関係の業界(作曲家、出版社etc)に正当な利潤を保証するところから始めなくて
はならないのかもしれませんね。

吹奏楽界が作・編曲家や楽譜出版社等にとって経済的魅力があれば、新しい才能もおのずと
現れて来るのかもしれません・・・。今までのように公然と違法コピーがまかり通るような
システムでは、作曲家予備軍の若い学生もリスクが大き過ぎて躊躇してしまうでしょうし。

33 :名無し行進曲:02/11/15 22:51 ID:pwd+ieH4
1ってもしかして海栗...

34 :名無し行進曲:02/11/16 09:07 ID:OaaC/kmW
・・・で、近年の佳作って何かあるでしょうか?

個人的には「放射と瞑想」(天野正道)、「夢の花、幻の花」(飯島俊成)など
日本人により鑑賞にたえる作品が生み出されていて密かに嬉しいし、欧州からは
「モンタニャールの詩」(ヴァン=デル=ロースト)のように聴いてゾクゾクする
作品も上陸していますよね。

ただ、米国の作品が少し寂しいように感じます。実際にはあるのでしょうが・・・。
・・・詳しい方いませんか?

35 :名無し行進曲:02/11/17 00:17 ID:xzSwjxDr
aaage

36 :名無し行進曲:02/11/17 02:04 ID:YfmngcVg
NSBは枯渇してきたが、大阪市音楽団だったっけ?それは
まだまだいいのだしてるのではないか?

37 :名無し行進曲:02/11/17 02:08 ID:v6KNYNhH
>>36
それって、ポップステージのこと?

38 :名無し行進曲:02/11/17 02:16 ID:mplhvoua
課題曲も劣化してると人は言うが、
全体のレベルはともかく、ちゃんと後にも残りそうな曲もあると思うぜ。
散々やられているが今年の「ラメント」や田村の饗応夫人なんかは
それに該当すると思うが。

39 :名無し行進曲:02/11/17 02:35 ID:897LMVoF
ラメントはどーなんでしょうか?漏れも何回も聴いたので愛着のようなものはありますが、例えば定期演奏会とかでやるようなところは少ないんじゃないでしょうか。
今後も繰り返し演奏される曲が、ある意味いい曲ではないかと...

40 :名無し行進曲:02/11/17 22:19 ID:xzSwjxDr
あの「風紋」を越えるような課題曲の登場を熱望します。

41 :名無し行進曲:02/11/18 11:03 ID:K/eaMSyj
あの「ブラジリアン・ポートレート」を越えるような課題曲の登場を熱望します。


42 :名無し行進曲:02/11/18 12:07 ID:ePc4QSYj
>>41
それはある意味難しい。

43 :名無し行進曲:02/11/18 20:16 ID:TWXmpzHi
『ラメント』はダメでしょう。少なくとも『饗応夫人』と並び賞される曲ではない。

44 :名無し行進曲:02/11/18 20:30 ID:czsH0bmS
>43
禿堂。

45 :名無し行進曲:02/11/18 20:31 ID:MAfaFx0D
しかし、『饗応夫人』は絶賛されるも
演奏されることはほとんどない。

まあ、この前佼成のCDに入っていたけどね。

46 :名無し行進曲:02/11/18 21:31 ID:TWXmpzHi
こころある人に強い印象を与えれば、頻繁に演奏される酷い曲より、後世に
名曲として評価される確率が高いように思う。


47 :名無し行進曲:02/11/19 00:25 ID:tfe1GhPz
確かに強い印象を与えるよな<饗応夫人。
「なんじゃー、この噪音は! こんなん音楽じゃねー」って。
でも、これはイパーン人の正直な感想だろう。

48 :名無し行進曲:02/11/19 02:42 ID:PPjSKXsE
イパーン人にアピールする音楽はいろいろあるし、そういうコンセプトでいえば、
吹奏楽もオケもメジャーポップスには絶対敵わないわけだから、イパーン人にア
ピールすることが必ずしも第一目的にならなくても良いんじゃない?

そこを勘違いしている恥ずかしい吹奏楽曲がいかに多いことか(つまり、聴
衆受けを狙っているのに、つんくの作品の方がよほど上手く出来ているよう
な曲とか・・・)。

49 :名無し行進曲:02/11/19 06:32 ID:btL4S4Y1
>>48
つんくに限らず、CDなどに録音しているポップスの演奏者は皆プロ。
オケもアマオケを除いてはみんなプロ。
つんくの曲作りはとても良く計算されていると思う。やはりプロ相手の
プロの仕事だと思う。

水槽の世界はほんの一握りを除いて殆どアマチュア。ある意味ではアマチュア
ロックバンドなどと同じカテゴリーに属すると思う。

プロオケやプロの演奏者を想定して書いた曲とアマチュア相手に書いた曲って
やはり違うのじゃないかな、と思う事があるよ。良く解らないけど。
それに、水槽作曲家の殆どは他のジャンルでプロの作曲家としてやっている人
いないのじゃないだろうか?つまり水槽オンリーの作曲家に限りなく近いと言うか。

アマチュア作曲家がアマチュアバンドの為に曲を書いているって感じ。
課題曲にしても、時々ちゃんとした作曲家の作品もあるけど、結構アマチュア作曲家の作品
多いじゃない?勿論それが悪い事だとは思わないけど。


50 :名無し行進曲:02/11/19 10:46 ID:riDn8svL
アメリカのバンド曲は
グレードによって使用される音域やテクニックなどが厳しく制限されているそうですね。
例えば、「グレード3だったらこの楽器でこの音より上の音域は使ってはダメ」とか。

51 :名無し行進曲:02/11/19 11:36 ID:78cbwfwD
あちらは教育システムとして確立しているからね。

52 :名無し行進曲:02/11/19 13:26 ID:fp7ViIxd
> 課題曲にしても、時々ちゃんとした作曲家の作品もあるけど、結構
> アマチュア作曲家の作品多いじゃない?勿論それが悪い事だとは思
> わないけど。

これのおかげで水槽楽をやっている人は駄作に対して非常に寛容である。
ひょっとしたら、それは非常に悪いことなのかも知れない。

53 :名無し行進曲:02/11/19 13:52 ID:pMlSkMSC
何を持って駄作とするかって難しいと思います。
音楽の価値観そのものも、時代とともに変わるし。。。
ブルックナーも当初は酷評されたし。
サリエリなんかはその当時、地位も名誉もあり全て名曲って言われたらしいけど
今ではその存在を知っている人は少ないですよね。
で、個人的には生き残れない曲が駄作なのではないかと。。
良い曲は一旦忘れられても復活するのではないと。。。
曲が歌い継がれ生き残れば、現時点の駄作が後世に名曲となる可能性もある。
如何に多くの人の琴線に触れる事ができるかが分かれば良いのだが。
私のような凡人には不可能だ。

54 :名無し行進曲:02/11/19 14:28 ID:btL4S4Y1
>>52
>これのおかげで水槽楽をやっている人は駄作に対して非常に寛容である。

駄作に寛容なのでは無くて、認識のボーダーラインが違うというか、他ジャンルの
曲をしらなすぎるというか。
他のジャンルでメジャーで活躍している作曲家達が吹奏楽作品を書いてくれるように
ならないと無理かも。でも、水槽の書き方ってある意味特殊だから、オケ書けるから
水槽をちゃんと書けるとは限らないし。大島ミチル氏とか三枝氏とかそうだった。


55 :名無し行進曲:02/11/19 14:36 ID:JyEm60J3
結局のところ、プロの作曲家というのは、曲を書いて報酬を貰わなければならないわけで、
じゃあ吹奏楽曲を書いてどの程度の収入が期待できるのか?ということですよね。

まさか、「自分の曲が吹奏楽コンクールで数多く演奏されて、金賞を受賞してくれる事が
喜びです」なんて言って無報酬で曲を書く、プロの作曲家が居るとは思ってませんよね?

56 :名無し行進曲:02/11/19 15:05 ID:btL4S4Y1
>>55
そうだよね。吹奏楽の世界は異常に作曲料が安いし。聞いた話だけど、トレーナーとか
指揮者には1回3万〜7万払っている団でも作曲料としては5万〜20万ぐらいしか
払っていないところが多いらしい。
そんな金銭感覚だから吹奏楽の曲を書かなくなる作曲家が多いのじゃないかな。
長い間時間を掛けて曲書くよりも数回教えに行った方がカネになる訳だし。

>まさか、「自分の曲が吹奏楽コンクールで数多く演奏されて、金賞を受賞してくれる事が
>喜びです」なんて言って無報酬で曲を書く、プロの作曲家が居るとは思ってませんよね?

さすがに天野氏でもそんな事は無いだろうな(w



57 :名無し行進曲:02/11/19 16:04 ID:q2imrpqf
こんな事を書くと確実に叩かれると思いますが。

>それに、水槽作曲家の殆どは他のジャンルでプロの作曲家としてやっている人
>いないのじゃないだろうか?つまり水槽オンリーの作曲家に限りなく近いと言うか。

天野さんは他のジャンルでも確実に実績を残しているにも関わらず、ここ数年はコンスタントに吹奏楽作品を
発表しています。他には星出さんも芝居のジャンルで多くの作品を書いていますし、田村さんは日本音楽集団
などにも作品を提供しています。若手では長尾さんも現代音楽の世界で活躍しています。彼らに共通する点は、
他のジャンルで活躍している作曲家が委嘱を受けたのでたまたま吹奏楽曲を書いてみた、というのでは無くて
実際吹奏楽の世界にちゃんと入り込んでいる、という所だと思います。

他のジャンルでもちゃんと実績を残している作曲家の作品は吹奏楽曲でも、やはり人気が高いのだと思います。
天野さんの曲だって何だかんだ言ってもGRはもうすでに3年間演奏されていますし、田村さんの一連の作品も
再演は少ないながらも常に話題に上っていると思います。そして、何よりも凄いのは彼らは他のジャンルだけでは
無く、吹奏楽の世界でもコンスタントに新作を書いている、という事だと思います。やはり書き続けるという事は
大事だと思います。勿論クオリティの高い作品を。

天野作品全てが駄作だ、と決めつける人もいるようですが、これだけ多くの人に好まれているという事実は覆す
ことは出来ないと思います。ただ、私としては天野作品のある種の傾向の作品だけに人気が集中しているのは
残念ですが。同様に田村作品は訳が分からん、と決めつける人もいますが、あの種の作風を理解するためには
ある程度の音楽的知識が必要かもしれません。

吹奏楽以外でも一定以上の評価を受けている作曲家の作品はそれぞれ傾向は違っても説得力があると思います。
きっと若手でも凄く才能のある作曲家が埋もれていると思いますが、そういう作品を発掘するのも大事なことでは
無いでしょうか?ただ、残念ながら玉石混合のようですが。
長文済みませんでした。

58 :名無し行進曲:02/11/19 16:41 ID:btL4S4Y1
>>57
言っている事は正論だと思うが、過去の例から言うと天野氏の事を誉めると確実に
叩かれる。中には極少数だと思うが完全に嫉妬としか思えない書き込みもあった。

59 :名無し行進曲:02/11/19 19:45 ID:AejTuEhz
天野氏の場合は、今たまたまブームで
世間に露出する機会が多くなると、当然アンチも増えてくる、
そういうもんでしょ。

数年前、歌謡界が小室哲哉一色だった時、
小室叩きも多かった訳で。

60 :名無し行進曲:02/11/19 20:44 ID:btL4S4Y1
>>59
ちゃんとしたアンチ(?)意見もあるんだけど、そうじゃないただ単に煽っている
のもあるしねぇ。特に天野氏の場合は長年ワルシャワフィルとやっていたり、アニメや
映画でかなり稼いでいるといったような、吹奏楽書いている作曲家にしてはかなり
特殊だから、益々反感食らうのだろうな。

61 :名無し行進曲:02/11/19 22:08 ID:o7dRA9sZ
>>60
つーか、アンチってのは、
多分に嫉みややっかみも含まれるものだよ。
単に目立っていることが気にくわないとか・・。

62 :名無し行進曲:02/11/20 01:54 ID:F/Ka0IEH
アンチな意見の大多数がゴミであるように、ほめる意見にもそうとうアレな
ものも含まれるように思われ。

63 :名無し行進曲:02/11/20 03:39 ID:HO4A19G4
>>62
どちらも激しい思いこみで書いている罠。

64 :名無し行進曲:02/11/20 10:39 ID:HOcHyuW2
まあ、アレだな。
何であれ、マンセーヲタはどこに行っても反発食らう、と。

65 :名無し行進曲:02/11/20 16:52 ID:GYxMHg7v
>>64

66 :名無し行進曲:02/11/20 17:11 ID:JFnGWtJN
平石博一氏のアンサンブル市川の委嘱作品
について知ってる人いる?

今のところ「時は時の向こうにある」ぐらい
しか吹奏楽音源がないのが残念。
昔の作品で「Walking in Space」という曲も
聴いてみたいのだが。

マンセー厨はうざいが、もっと注目されて
も良い作曲家は以外といる気がすんのよね。

67 :名無し行進曲:02/11/20 21:04 ID:7adlbaZo
>>66
個人的には平岩さんの曲は吹奏楽の世界でメジャーになって欲しくない。
ああいう素晴らしい曲が一時期の流行で終わって欲しくないから。
平岩さんの曲ってどの曲も凄く好きだし、すべて命を懸けて書いているように
きこえる。そういう曲を一時的な流行で終わらせたくないから。

吹奏楽に対するスタンスは天野さんとは全く違うと思うが、吹奏楽畑の連中は
そういう事おかまいなしに、敢えて言うならハイエナのように食らいつく。
そんな世界に平岩さんを巻き込んで欲しくないな。

68 :66:02/11/20 22:26 ID:ph4USSUa
>67

平岩さん?

まあ、それはそーと、おっしゃる気持ちは分からないでも
ないが、それって「○○さんの曲を好きにならないで
下さい。ボクだけ好きならいーの!」って思想につながら
ないかい?ちなみに、あまのさんが流行作家になった時も
似たような感情を抱いた香具師も少なからずいたと思われ。



69 :名無し行進曲:02/11/20 22:28 ID:BLGCocit
困っているのでお願いします。
音符の前に同じ大きさでアルファベットのxみたいなものが
書かれているのですが、その意味を教えてください。

70 :66:02/11/20 22:30 ID:ph4USSUa
ん?ダブルシャープのことかい?

71 :名無し行進曲:02/11/20 22:37 ID:7adlbaZo
>>68
>「○○さんの曲を好きにならないで 下さい。ボクだけ好きならいーの!」って思想につながら
>ないかい?

そんなミーハーな感覚じゃ無いですよ。平石さんの曲はある意味で凄く繊細じゃないですか。
また、色々な解釈が出来る包容力のある作品が多いじゃないですか。
吹奏楽用のアレンジ作品はもっともっと流行って欲しいけど、平石さんのオリジナルは吹奏楽に
限らず誤解されたくないのです。

天野さんのGR的な作品のように商業音楽ベースの作品ならある程度誤解されて演奏されても
まぁいいか、と思えますが、平石さんの一連の作品はハイエナたちの餌食になってむりやり
はやられられて飽きられるようにはなって欲しくないだけです。

そして、そういう誤解を招く要素が曲の中にあるだけにますます心配なのです。


72 :66:02/11/20 22:48 ID:ph4USSUa
水槽的文脈に吸収され、消費され、飽きられるのを
恐れているわけだよね。先にも言ったがその気持ちは
じゅーぶんに分かる。でも、ホントに優れた作品は
そういう閉塞性を越えて、生き残ると思うのよ。

実際、水槽曲の方が少数じゃない?平石作品って。
でも、その少数の水槽曲って決して媚びてないと
思う。まったく水槽とは関係のないCDに収録され
てても違和感ない。でもね、もっと聴きたいとか
演奏したいちゅうプリンシプルな欲求があるのを
否定しません。もしかしたら、もっと聴かれること
で、水槽の閉塞性をも打ち破る可能性だってあるから。


73 :名無し行進曲:02/11/20 22:50 ID:tP/NXD3K
>70
ダプルシャープは#をさらに半音高くした音、つまり記譜音の一音上を吹けということです。

…とマジレス。本来こういう質問は「スレッドを立てるまでもない質問」にすべきですよ。

74 :66:02/11/20 22:54 ID:ph4USSUa
読めないスレにも同じカキコあったの見たから
単なる誤爆でしょ。みんな寄ってたかって回答
してるの見てワロタ。

75 :名無し行進曲:02/11/20 23:33 ID:7adlbaZo
>>72
66さんってもしかしたら私の知っている人みたいですね。
今度お会いしたらそれとなくモーションかけてみますね。

76 :66:02/11/21 00:00 ID:KJldtSTJ
>75

ゴメンナサイ。絶対に違うと思います。
水槽はもう引退してる一ファンに過ぎませんもの。

77 :名無し行進曲:02/11/22 15:45 ID:W2OoRU8f
age

78 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/11/29 09:09 ID:ma9hcTSo


ま、悪いことは言いません。あんたら2チャンネラーに代表される下界の凡人連中
には、ベートーヴェンの晩年の弦楽四重奏がちょうどよいですから、そのあたりをお聴きなさい。
間違えても、ぼくやドビュッシーの作品は聴かないように。
豚・に・真珠・でございましょう、ファッハッハッハッ・・・・・
で、ぼくのホームページK.OKADAワールド
(URL;http://debu1957.hp.infoseek.co.jp/)には
あんたら2チャネラーには似合わない私の傑作の音楽がついていますので、
ぜーーーーーったいに来ないで下さいね。

このようにいくら書いても書いても、2チャンの人達が来るんだよね、
カウンターが回って迷惑してます。よっぽど、ぼくの作品が聴きたいんですね。
困った事です、ファンが増えちゃって・・・・・どーしよう。


79 :名無し行進曲:02/11/30 00:21 ID:cSItiJQv
今度の課題曲はマシなのか?

80 :名無し行進曲:02/12/09 23:18 ID:7571x89p
>79
1と5はなかなか。3と4は幻滅しますぞ。
(「今さら風の会かよ・・・」って感じで)

81 :名無し行進曲:02/12/10 07:44 ID:2/OM1+8a
>>80
しかし実際にコンクール会場で「風の会」系の課題曲を聞くと
ホッとする自分が居たりする。

上手なバンドが演奏すると、意外にも良い曲に思えてしまう・・・。

82 :名無し行進曲:02/12/12 18:59 ID:EwSpo6zq
ヽ(`Д´)ノ ディス子!!!

83 :名無し行進曲:02/12/12 19:03 ID:cOtKBNCi
ところが実戦で演奏すると松尾善雄の課題曲ほど
はずれのない曲はないんだな。
1や5が演奏できないバンドはぜったい3やっといたが無難。

84 :名無し行進曲:02/12/13 17:44 ID:7Cd4AHhM
TSUNAMI
案外いいぞえ。

85 :名無し行進曲:02/12/24 03:54 ID:rage0BCh


岡田克彦氏の作曲作品を語るスレッドを楽器・作曲板の下記URLに立てました。
ご興味のある方はどうぞお越し下さい。
http://music.2ch.net/test/read.cgi/compose/1040567216/l50


27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)